パチンコで勝てる月勝てない月はあるのか?勝つ為に狙う月はいつだ!?

パチンコ情報系

どうも、カイです。

 

皆さんの中で、パチンコで『勝てる月』『勝てない月』ってのは考えていますでしょうか?

収支をちゃんと付けていない方はハッキリとは分からないかもしれないですが、感覚だけでも調子が悪く、なんか負けている様な気がする、と感じる月はあるかと思います。

 

ちなみに私は仕事の都合上、月に4回、突然変異で6回程しか行く事が出来ないので、そんな事を感じる前に大体月が終わってしまいますが、周りの意見などを聞いたり調べたりしても、皆さんそう感じる月はあるようですね。

 

一般的には『二八(にっぱち)』と呼ばれる『2月』『8月』が多くの業種で閑散期と言われています。

私はサービス業なのでその影響は特に感じます。(8月は帰省の関係でダイレクトに響くという感じでは無いですが、2月はホンマキツイです!)

 

さて、世間ではそのように『閑散期』と言われる月が存在していますが、それはパチンコ屋にも影響を及ぼしてくるんでしょうか?

何故、2月と8月は閑散期なのか?

ウィキ先生に聞いてみましたが、

二八(にっぱち)とは、2月と8月に売り上げが下がる法則を示した俗語である。

2月と8月に売り上げが落ちる理由として、2月は12月から1月まで出費のかさむ行事(クリスマス・正月・忘年会・新年会など)があり、その反動として2月は出費を抑えようとするため売り上げが落ちる。

もう一つの理由としては、季節的に2月は寒いのでお客の購買意欲が下がることも理由として挙げられる。8月は季節的に暑いのでお客の購買意欲が下がり、さらにお盆があるためにお店に行かないので売り上げが下がる。

だそうですが、要は金が無いのと、気力と体力が無いの二択ですね。

金が無いから気力が無いのか、気力が無いから金が無いのか。卵が先か、ニワトリが先か、、、。いえ、何でもないです。

 

私は、18才の中盤位からはほぼ連休無しで1年中働いているので、世間のそういう感覚は全くもって実感が無いです。自分の誕生日も忘れるくらい働いています(汗)

 

そして、パチンコ屋もこういった世間の流れはダイレクトに響くでしょうし、『人の流れが鈍る=売り上げが落ちる=出玉を渋る』という図式が成立つと思われます。

あなたの周りにも過疎店と呼ばれるパチンコ店があるかと思いますが、そう言ったホールはお客の絶対数が少ないので、売り上げを取る為には、その少ないお客さんからも回収しなくてはやって行けません。

それと同じ事で、お客の絶対数が少なくなる時期は必然と回収気味になる事は安易に想像出来ますよね?と言っても、次に説明しますが8月はまた別の意味で、

 

ゴールデンウィーク、お盆、正月、休日、祝日

など、連休で人が数多く動く時や、給料日・ボーナス後なども回収に回るでしょう。

8月は暑いからパチンコ屋なんてこの世の楽園ですよね。私の地域はお盆に延長営業をやるのですが、正にパチンコ屋にとっての稼ぎ時。

財布がホクホクな時や暇な時が狙い目なんですね、パチンコ屋的に!

 

『じゃっ!結局いっつも回収するんじゃん』って思ったあなた!

そうです、パチンコ屋も経営を続ける為には売り上げを上げなければなりません。パチンコ屋に夢を過剰に求めてはダメです。

皆さんのその手に血の滲むような努力でパチンコ屋は成り立っているのです。血の涙を流しながら努力されている方もいるかもしれません。

それでも行く人は、どんなに負けようが血だらけになりながらも打ちに行くんでしょうが、いつまでそんな闘いを続けるおつもりでしょうか?あなたはジョーですか?

とまぁ、冗談はさておき(笑)

連休中でもチャンスがない訳ではありません。

 

いくら回収営業と言っても、1日中全台マイナスなんて事はないですよね?

通常営業と違い、人が多い代わりに入れ替わり立ち替わり常に誰かが稼働している状態になります。

そうすると『稼働マジック』により大当たり回数が多く付いてくると思うのですが、逆に考えれば、それだけ出玉が取れるチャンスが通常営業よりも訪れると考える事も出来ます。

新台入れ替え前後やグランド&リニューアルオープン前後

新台入れ替え前後や、グランドオープン、リニューアルオープン前後など、多額の経費が掛かった時も回収に回りやすいでしょう。

大型チェーン店など体力がある所などは一概にそうとも言えないかもしれませんが、中小規模の店舗では高確率で回収するでしょう。

何千万単位でお金が動いているので、その埋め合わせをどこかでしないといけないんですね。

ですが逆に、

新台入れ替え当日や、グランドオープン、リニューアルオープン当日

は狙い目です。やはり回収!回収!ばかりではお客様のフラストレーションも溜まるので、出してるアピールも必要になって来ます。こういった日はアピールするのに絶好のチャンスですね。

どんな事にも言えますが地域によって期待度は大きく違ってきますので、自分の地域のパチンコ屋の情報はよく調べていた方がいいです。

 

普段から全く出さない店舗がこういった日に突然出すという可能性は、ゼロでは無いですが限りなくゼロに近いです。

 

4月と12月はチャンス

4月は、新成人や新社会人など新しい環境になる方が多いです。

パチンコを始める方も多いでしょうし、そういった初心者層に出玉でアピールするチャンスです。

美味しい餌を撒くんですね。

 

12月も同じく、正月の大回収時期に向けてグランドオープンなどのイベントで美味しい餌を撒いてきます。

 

この、美味しい餌を食べれた人は『もっともっと』と気付けばまな板の鯛。

美味しい餌だけ食い逃げするのが賢い人ですが、賢くない人はそのまま捌かれて終わり。

 

と、ここまで回収時期と、チャンスな時期を説明して来ましたが、根本的にパチンコ屋の懐事情をモロに受ける『時期』ばかりに気を取られがちですが、パチンコの本質を知ればその影響も必要最小限に抑える事が出来ます。

調子の悪い月にこそ立ち回りを見直す

ネットでいくら勝てそうな月を調べても、やはり1番大事なのは自分自身の感覚です。

その感覚が、そのままあなたの地域の店舗の事情にも繋がってくるのでは?と思いますがどうでしょう?

 

個人個人の運勢的な事を気にする方もいるかも知れませんが、調子が悪い時だけ外に理由を求めて自分自身の立ち回りに目を向ける事は少ないかと思います。

勿論、立ち回りがイチロー並に確立されているのなら、調子の悪い月はそのまま少し休憩するのもいいんじゃないかと思いますが、立ち回りがブレブレどころか何も無い方はそこを見直さないと根本的にいつ行っても同じ事です。

 

先にも述べましたが、その日出す予定の出玉が、少なかろうが多かろうが絶対に出玉が出る時は存在するんです。

て事は、勝つチャンスは必ず存在しているという事ですよね。

 

とまぁ、口で簡単に言ってもその出玉が取れないから、こうしてあなたも検索で私の記事に辿り着いてくれたんでしょうけどね。

出玉だけに焦点を合わすとどうなる

これは出ない月と言われる2月の稼働結果の一部ですが、POSの受講生は問題なく勝っています。

 

こちらの記事でもまとめていますが、

驚きの収支!稼動報告用グループの5ヶ月間の収支集計結果を公開!

2019.03.17

2月でもガッツリパチンコ屋から回収していますね。

 

立ち回りが確立さえしていれば、月の影響は最小限に止める事が出来る証拠ですね。

 

まとめ

確かに、月によってパチンコ屋が出す出玉の量の違いは確かに有ります。

 

ですが結局のところ、出る月出ない月を調べて考える前に、そんな情報など関係無い勝ち方を覚えれば、1年を通して安定した収支を収める事が出来るという事を知っておいてください。

 

月の影響が全く無いと言ったら嘘になりますが、限界までその影響を無くせる事も出来るんです。

考えるべき所は、先ずは己の立ち回りという事です。

 

それでは、また。

 

【カイ公式LINE@】

とにかくパチンコで勝ちたい

毎月の収支を安定させたい!

そんなあなたの悩み

POSで解決しませんか?

公式LINE登録者だけの

限定情報や限定記事配信中

🔻追加はココから🔻友だち追加

LINE ID:oqu3944e

『POS』って何だ?という方はこちらをお読み下さい!

■『POS(立ち回り法)詳細情報』

ホームに戻りたい方は押す↓